進化するぬくもり。

今年のインターンシップは
ここが参加のポイント! 『グループ各社の担当者が語るインターンシップで
伝えたいこと、得てほしいこと』

INTERN SHIP CHECK POINT

近年、就職活動におけるインターンシップの重要性が高まっています。日本郵政グループでもインターンシップの開催に力を入れていて、学生の皆さんに「参加してよかった!」と思っていただけるようなプログラムを考えているところです。そこで、グループ各社のインターンシップの企画・運営担当者に集まってもらい、開催の狙いや内容について語り合ってもらいました。担当者自身の体験やグループワークでの振る舞い方など実用的なアドバイスも盛り込まれており、日本郵政グループのインターンシップに興味を持つ方には必読の座談会となっています。

神村 芽依
神村 芽依

日本郵政
グループIT統括部

原 健太
原 健太

日本郵便
人事部人材育成室

谷口 遥香
谷口 遥香

ゆうちょ銀行
人事部人材開発室

野原 大佑
野原 大佑

かんぽ生命
人事部

CHECK POINT 01 CHECK POINT 01
就職活動をするうえで方向性を
見つけるきっかけになる

ー インターンシップを企画・運営する皆さん自身が学生時代どのような就活体験をされたのかを聞かせてください。

神村
大学3年の夏頃、技術系の会社のインターンシップに参加しました。2週間の期間でしたが、初対面の人たちと一緒にグループワークを重ねて試行錯誤したことが、その後の就職活動にとても役立つ経験になったと思います。面接で自分をアピールするうえでの引き出しが増えましたし、グループディスカッションによる選考をしている企業もあったので、事前の練習にもなりました。
神村 芽依 神村 芽依
友人と一緒に合同企業説明会に参加し始めたのが、大学3年の6月でした。夏から秋にかけて何社かインターンシップに参加したことによって、事業や仕事の内容が理解できたのはもちろんですが、社員の方と触れ合う中で自分がその企業で働く姿がイメージでき、説明会だけでは得ることができない貴重な経験をすることができました。また、私は日本郵便のインターンシップにも参加し「ここで働きたい!」と思ったことが志望理由となりました。早い時期から参加することは、就職活動をするうえで自分の方向性を見つけるきっかけになったのかな、と思います。
谷口
金融業界に絞っていましたので、銀行や生保など数社のインターンシップに参加しました。金融と言えば店舗の窓口などで働く営業職のイメージが強かったのですが、それとは全く違う企画の仕事も知ることができ、自分の就活の軸が定まっていきました。参加している学生の雰囲気も、会社によって全然違いました。非常に賑やかな人が集まっている会社とか、穏やかな人が多い会社とか……。もちろん混在する場合もありますが、社風に沿った人が集まるように思います。「この人たちと一緒だったら成長できそうだな」とか、そんな視点からも会社を絞ることができました。
野原
私はまだインターンシップが一般的でない時代に就活を経験しましたが、1人でWEBセミナーに参加したり、仲のよい友人と就活の意見交換をしても、なかなか自分のやりたい仕事や就活の軸が見えてきませんでした。その中で、説明会などで会社を訪問して、他大学の人や専門分野の異なる人や社員の人たちと接すると、自分の価値観とはまるで違っていて、「そんな考え方もあったのか!」という新鮮な驚きを感じることがありました。多様な考えに触れることは、結果として自分自身の就活の軸を醸成することにつながりますので、早くからこうした経験ができるインターンシップは有効に活用したほうがよいと思いますね。

CHECK POINT 02 CHECK POINT 02
仕事内容や社員の雰囲気を
リアルに知る機会となる

ー 各社どのようなインターンシップを予定しているのでしょうか。
開催の狙いや企画内容について教えてください。

野原 大佑 野原 大佑
野原
かんぽ生命のインターンシップの狙いは、学生同士のつながりを持ってもらうことと、より多くの社員と交流を持ってもらうことです。単にグループワークを経験するだけではなく、社員と触れ合ってもらう機会にしたいので、社員とやりとりできる中身にしています。内容としては、そもそも金融商品って何なのか、というところから始まり、その中での生命保険を理解し、世の中にはさまざまな保険商品があるんだと理解を深めてもらえるプログラムにしています。学生さんがイメージする保険業務は営業や商品開発なのですが、実はもっと幅広い多様な業務があるので、そのあたりもお伝えできればと考えています。
谷口
ゆうちょ銀行のインターンシップは、具体的な仕事内容を知っていただくことが一番の狙いです。総合職は企画業務、エリア基幹職は店舗でのお客さま対応の仕事を具体的にイメージできるようなワークを考えています。中でもゆうちょ銀行の総合職は、企画職として若手のうちから本社で、会社の仕組みやサービスを自ら創り上げる仕事に携わることになり、他行とは少し異なるキャリアプランですので、その違いをしっかりご理解いただけるようなインターンシップとなっています。内容も、金融業界の企画業務をリアルに体験いただくことができるものにこだわっていて、毎年多くの学生の方に「こんなインターンシップは初めて参加しました」「ゆうちょ銀行のイメージが変わった」といったお声を多くいただいています! また、総合職のほかにデジタルコース、マーケットコースという2つの専門コースがあり、それぞれの専門性に合わせたインターンシップのプログラムを用意しています。
野原
ゆうちょ銀行の場合、仕事内容を知っていただくために、どのような内容のプログラムを考えているのですか。
谷口
チームで協力してさまざまなミッションに取り組んでいただくイメージです。働くことで自分が成長できることを実感できるようなワークにしていきたいと考えています。また、ゆうちょ銀行でも、たくさんの先輩社員とお話しできる機会やフィードバックをする機会を多く設けますので、当社の社風や社員の雰囲気を肌で感じていただけるはずです。
フィードバックというのは、学生の皆さんのグループワークに対してよかった点だけでなく、よりよい内容にするためのアドバイスも真摯にお伝えするということですね。
谷口
まさに、そういうことです。
日本郵便のインターンシップの狙いは、事業内容や可能性を幅広く知っていただくほか、実際に働く姿をイメージしてもらうことです。たくさんの社員との交流を通じて、会社の雰囲気や魅力をお伝えできるよう、工夫しています。企画の内容では、ポイントが2つあります。1点目は、複数部署の職場体験をしてもらうこと。短い期間ではありますが、普段の大学生活では体験できない貴重な経験になると思います。2点目は実在する郵便局を題材にしたグループワークです。架空の話ではなく、実際の郵便局を取り巻く環境を考えてアイデアを出し合う必要があるので、より実践的な内容になります。グループワーク後は局長経験のある社員からのリアルなフィードバックもあり、日本郵便の事業への理解を深められるはずです。
野原
日本郵便の「実在する郵便局を題材にしたグループワーク」は、身近にある郵便局という拠点がどのようにしたら成長できるか、ということを真剣に考えてもらう素晴らしいコンテンツだと思います。そうした郵便局を通じて、ゆうちょ銀行の商品、かんぽ生命の商品も提供できるわけなので、時間が許せば郵政グループ各社のインターンシップに横断的に参加してみることもお勧めですね。
神村
日本郵政(総合職(ITデジタル))の場合、2024年卒を対象とするインターンシップ時期は未定ですが、開催を予定しています。開催の狙いは、日本郵政グループが誇る約2万4000局の郵便局をつなぐネットワークやシステムの企画・管理、またそのスケール感を、インターンシップを通じて学生の皆さんに知っていただくことです。企画内容は、業務のデジタル化や「デジタル郵便局」などをメインテーマに、DX(デジタルトランスフォーメーション)による日本郵政グループの可能性を体感していただくコンテンツを検討しています。学生の皆さんには、例えば「デジタル郵便局」を導入するとしたら、どのような機能を付与したいかなどを考えていただくとともに、日本郵政グループの未来を考えていただけるような体験ができる、グループワークメインのコンテンツを企画中です。
日本郵政は特に企画業務が多いので、そもそも日常業務がグループワークのような形で進められていますよね。
神村
そうですね。日本郵政(総合職(ITデジタル))の業務は「企画・管理」がメインとなるので、グループワークで議論をすることは、実際の仕事に近い体験をすることになると思います。日本郵政のインターンシップは今後内容を固めていくのですが、各社とも、社員との接点を大切にしていることを知り、すごく見習いたいなと思いました。日本郵政グループ各社は、共通して社員の人柄のよさも魅力だと思うので、そこは仕事内容と併せて伝えていきたいと考えています。

CHECK POINT 03 CHECK POINT 03
このチームで結果を出すために
自分は何ができるか考えよう

ー 各社ともメニューにある「グループワーク」についてお聞きします。
初対面同士でチームを組んで議論し、限られた時間でアウトプットすることは、学生の皆さんにはとてもハードルが高い業務かと思います。
うまく進めるためのアドバイスはありますか?

谷口 遥香 谷口 遥香
谷口
グループワークの目標は、みんなで自由に意見を出し合うことでよりよい意見を導き出していくことです。私が以前グループワークに参加した際、間違えていたらどうしようなどと考えすぎてしまってうまく発言できなかったことがあり、もっと積極的に発言しておけばよかったと後悔したことが何度もあります。そんな後悔をしないよう、ぜひ積極的に発言をしていただきたいなと思います。また、誰かが発言した後に沈黙が続くと、どんどん発言しにくい雰囲気になることがあるので、誰かが発言した後は積極的にリアクションを返すように心がけるとよいと思います。
神村
確かにグループワークでは「こんな発言をしていいのかな」と不安に思い、つい消極的になってしまうことがありますよね。ですが発言して「失敗した」と感じても、そこから自分の経験として学ぶ姿勢をもって、次に生かしていただければと思います。実際の企画会議でも、新しい施策を立ち上げる段階では、活発な意見が出ないと多くのニーズに応える施策が完成しないので、チームで同じゴールを目指しながら協力することが、大切な視点になります。
野原
一方で、みんなが自由に意見を出すうちに、議論の焦点が曖昧になってしまうケースもよくあります。そんな時はどうしますか?
私はグループワークをスムーズに進めるためには論点を明確にすることが大事だと感じています。時間内に結果を出さなければならないので、残り30分ぐらいになると焦りも出てくる。そんな時に「今何を話し合っているのか」「このあと何を決めたらよいのか」という具合に論点を明確にする人がいると、メンバーも意識を共有できるので、議論がうまく収束していきます。誰か1人が発言し続けているようなグループもあるのですが、そういう場合こそ、ひと呼吸おいて他の人も発言するように促すことも必要だと思います。「皆さんどうですか」と他の人に振ってみるとか、ゴールに向かって議論を進行させるように働きかけてみてはいかがでしょうか。
神村
学生の皆さんの中には、社員が同席しているので、グループワーク中に緊張して発言が消極的になってしまう人もいるかもしれません。
そうですね。グループとして成果を出すために自分は何をしたらよいか、何ができるかを考えてほしいです。自分なりに「こうすればどうだろう?」と思うことをしてほしいですね。盛り上げ役ができる人、時間管理ができる人など、人によってそれぞれ得意不得意があると思うので、このチームが成果を出すために自分は何ができるか、という観点で積極的に参加してほしいと思います。
野原
神村さんが言ったように、失敗を怖がってほしくないですね。うまくやろうとするというよりも、積極的に参加していくことで、グループワークが活発になり、社員のほうからも有益なフィードバックをもらえる。主体的にどんどん発信していくことが大事だと思います。

CHECK POINT 04 CHECK POINT 04
切磋琢磨できる仲間と共に
成長できた経験を持ち帰ってほしい

ー インターンシップに参加するにあたり、何か心構えが必要ですか?
またインターンシップに参加することで何を持ち帰ってほしいですか?

原 健太 原 健太
日本郵便のインターンシップでは、事前に皆さんが当社のホームページ等をご覧いただき、事業についてある程度理解している前提で進めていきます。3日間のインターンシップで新しい情報を持ち帰るぞ、という意気込みで積極的に臨んでほしいですね。
神村
日本郵政(総合職(ITデジタル))としては、未来の郵便局の姿を考えていただくこと等を検討していますので、まず現状の郵便局はどんな業務を行っているのか、ある程度認識しておいていただくとよいと思います。自分の用事で郵便局を利用した時に、社員の業務内容を観察して、どんな仕事をしているのかを見ておくと、インターンシップで見聞きすることが理解しやすいのではないかと思います。
谷口
興味のある仕事内容、目指す理想の社会人像など、何か新しいことを発見しようと前向きな気持ちで参加していただきたいと思います。先輩社員とお話しする機会をたくさん用意しているので、どんなことを聞きたいのかを前もって考えておいていただけると、より充実したインターンシップになると思います。
野原
参加の心構えについては皆さんと同様で、ある程度の会社理解をしておいてほしいと思います。かんぽ生命で言えば、生命保険とは何か、基本的なことについて少し勉強したうえで参加してもらうとよいでしょう。
谷口
ゆうちょ銀行は「まだどこにもない銀行」を目指して新しいことに挑戦しているので、皆さんの当社に対するイメージを覆せたらいいな、と考えています。ゆうちょ銀行のインターンシップに参加いただく方は、金融以外にもインフラやメーカーなど、幅広く見ている方が多くいらっしゃいます。そうした幅広い視点で就職活動をしている方と出会い、刺激を与え合うことで、視野が広がる機会になるはずです。切磋琢磨できる仲間と一緒に成長できたという経験を持ち帰ってもらいたいと思います。
過去のインターンシップでは、参加者から「楽しそうに働いていて好感を持てた」や「活気があって意外だった」といった感想をいただきました。もともと国営の企業だったので、どこか堅苦しい職場を想像していたのかと思いますが、それを覆せたことがうれしいですし、ぜひそのような新たな印象を持ち帰ってもらいたいですね。
野原
かんぽ生命のインターンシップではグループワークや発表について必ず社員からフィードバックを行いますが、社会人としての意見を真剣に投げ返すので、参加する学生からするとかなりインパクトがあるようです。ただ、参加した学生からは「真剣なフィードバックをもらえて本当に勉強になった」「企画業務の経験ができてよかった」という意見をもらいます。当社としても、参加する学生さんにリアルな仕事体験を経験していただきたいのと、インターンシップを通してビジネススキルを身に付け、成長につなげてほしいので、この路線は今後も続けていきたいと思います。
神村
参加された方には、DXを推進して変わっていく日本郵政グループを印象付けたいと考えています。皆さんが取り組みを共にした仲間との貴重な体験を持ち帰ってもらいたいですね。そのためにも、積極的に発言・参加し、吸収していってほしいと思います。日本郵政グループ各社のインターンシップへの参加をぜひ検討してみてください。私たちも参加された皆さんが充実した時間を過ごせるように全力で頑張ります!
ENTRY
MORE
2024年卒業見込み
インターンシップエントリーはこちら
2023年4月入社
新卒採用エントリーはこちら
日本郵政グループ
インターンシップサイト
マイページはこちら
(2024年卒業見込み)
2023年度
日本郵政グループ新卒採用サイト
マイページはこちら
(2023年4月入社)
2023年度
日本郵政グループ新卒採用サイト
マイページ会員規約はこちら
(2023年4月入社)
日本郵政グループ
インターンシップサイト
マイページ会員規約はこちら
(2024年卒業見込み)