そばにいるから、できることがある。

社員紹介地域基幹職・
エリア基幹職・
一般職

別所 孝俊
諦めずに連絡を取り続けたことでお客さまの役に立つことができた

ゆうちょ銀行2013年入社

別所 孝俊Takatoshi Bessho

法人サービス部

Personal

学生時代~入社まで

フィールドアーチェリーという部活動に所属し、競技に取り組みつつ最後の年には部長として他校との試合の調整や各種イベントや練習場所の調整などをしていました。よく知られているアーチェリーという競技は、同じ的に対して同じ動作を行い、的の中心に矢をどれだけ多く撃ち込めるかという競技です。対するフィールドアーチェリーは山に競技場が作られることが多く、山の斜面の上方や下方、小川を越えた先に的があり、1つの的に撃ちこんだら次の的へと移動、複数の的を回り合計点数を競う競技です。
また、競技者としてだけでなく部長を務めたことで、それまでは顧問の先生がやってくれていたようなことも自分で行い、各々の考えを調整することの難しさと面白さを知ることもできました。フィールドアーチェリーを始めたきっかけは、大学の入学式に向かう途中で中学校の時の部活動の先輩とたまたま出会ったことです。先輩からフィールドアーチェリーを紹介されたことと、大学に入学したら今まで取り組んだことのない競技にチャレンジしてみたいという希望とが合致し入部することにしました。偶然がきっかけでチャレンジした部活動でしたが、色々な経験を積むことができ、大きく成長することができました。この時のチャレンジングな姿勢は、社会人になった今でも持ち続けています。

プライベート

休日は、プロレス観戦やスーパー銭湯巡り、果物狩り等、外に出ていることが多いです。
毎週のルーティンワークのようなものはないですが、ちょっとした非日常を体験をすることでリフレッシュしています。
また、平日はなかなか行けない、家から少し離れた大型スーパーへ、食料等のまとめ買いに行ったりもして楽しんでいます。

諦めずに連絡を
取り続けたことでお客さまの
役に立つことができた

渉外部にいた頃にお手伝いをさせていただいたお客さまのことが、非常に思い出深いです。
そのお客さまは、保有する国債の満期が過ぎたまま何年も手つかずになっていました。国債を保有していただいていても、満期後には、それ以上利息はつきません。なんとかそのことをお客さまにお伝えしたいと思い、登録されていた電話番号に連絡をしてみましたが、連絡が取れませんでした。外回りをしている時に近くを通る機会があったので、何度かご自宅にお伺いしましたが、それでもお会いすることができませんでした。そこで、手紙を出したところお返事をいただくことができ、土曜日にアポイントを取ることができました。お客さまも満期になった国債について非常に気にされており、私から、現在の国債のこと、また、ゆうちょ銀行には、国債のほかにも、定額貯金、投資信託、変額年金保険等様々な商品があることを説明しました。すると、半分は定額貯金にお預けいただき、残り半分は投資信託をご購入いただくことができました。
お客さまは、気になりつつも、仕事の都合で平日の日中に時間を取ることが難しかったことが分かり、渉外部は窓口の営業時間外でも相談できることをお伝えしたところ、非常に感謝していただけました。連絡がつかないことで諦めず、あの時手紙を出して良かったと、今でも思い出すことがあります。

Work

企業が行う送金や集金業務の
利便性を
高めるサービスを提供

私が所属する法人サービス部では、法人に対する送金決済サービスの提供や、そのサービスの利用に関するアフターサービスを行っています。具体的には、企業活動の中での毎月の集金や送金、給与振込手段の提供を行っています。集金や送金には、どんな口座に送金するか等のデータが必要となり、インターネットやDVD等、様々な媒体を利用することができます。提供するサービスの中でも、今は、「ゆうちょBizダイレクト」というインターネットを利用したサービスを中心に案内を行っています。
また、近年、キャッシュレス決済サービスの需要が高まる中、当行も独自のキャッシュレス決済サービスである「ゆうちょPay」の提供を行っています。その「ゆうちょPay」を多くの企業に導入いただけるように働きかけることも、法人サービス部の仕事の一つです。

新サービスの案内を行い、
スムーズな利用をサポートする

2022年4月、自動払込や総合振込等の送金・決済サービスのデータを送るための手段である「インターネット伝送」等のサービスが終了し、法人向けのインターネットバンキングである新サービス、「ゆうちょBizダイレクト」に切り替わります。現在の私の主な業務は、その新サービスのご案内です。以前から契約のあるお客さまがスムーズに「ゆうちょBizダイレクト」に移行できるよう、サービス内容の変更点を丁寧に説明し、操作方法等のご案内を行っています。
ゆうちょ銀行の送金・決済サービスは、商店街に並んでいるような個人商店から、皆さんもよく知る全国規模の会社まで、幅広いお客さまにご利用いただいています。身近なところですと、小中学校の給食費や教材費の集金等で、自動払込という送金・決済サービスをご利用いただいています。
また、色々な企業を訪問している中で、グループ会社である日本郵便やかんぽ生命の商品・サービスの利用を検討しているお客さまにお会いすることもあります。そういったお客さまから、日本郵便やかんぽ生命の担当者を紹介して欲しいという声をいただき、仲介することもあり、ゆうちょ銀行の商品・サービス以外でもお客さまのお役に立っています。

働きやすい環境の中で知識とスキルを磨き、お客さまの期待に応える仕事をしていきたい

ゆうちょ銀行では、あらゆる部署で、業務を行うにあたって必要な知識やスキルを得るための研修等が必ず行われています。マニュアルも充実していますし、分からないことは問い合わせをすれば解決することができます。仕事をする上で必要な資格の取得に対しても、様々なサポート制度があります。こういった、仕事に取り組みやすい環境が当行の魅力だと思っています。
また、年次有給休暇制度をはじめとして休みを取りやすい仕組みが整っており、プライベートの時間も比較的自由に確保することができます。
お客さまに商品を案内するという日々の仕事の中で、私が常に心掛けていることは、その商品がお客さまにとってどういったメリットがあり、どういったデメリットがあるのかという両面をしっかりとお伝えすることです。お客さまが本当に知りたい情報は何なのか、その商品を利用することでお客さまの迷惑になってしまうようなことはないのか、という点に気を付けて案内しています。
「当行で活躍している人はどんな人か」を考えてみると、人に対して興味を持って働くことができる人だと思います。私は今までに、窓口サービス部、渉外部、ローンサービス部、法人サービス部と様々な部署で働いてきました。どこの部署でも覚えることは多いですが、「お客さまがどんなところを不便に感じているか」「どうすればお客さまの要望に応えることができるのか」を考えることが大切だという点は共通しています。法人サービス部に関して言えば、訪問する前に訪問先企業の分析をすることができるので、「こういった需要があるのではないか」と、先方でさえ気づいていない課題を発見し、解決のお手伝いができることもあります。そういった、お客さまのお役に立つことにやりがいを感じ、常に、お客さま本位を意識して仕事に取り組める人と一緒に働きたいです。

Today's Schedule

8:45
出社
9:00
始業:法人サービス部にて朝礼を行います。
9:30
訪問準備:訪問に必要な書類等をまとめる等の準備をします。
10:30
企業訪問:商品説明や利用いただいているサービスのサポートをします。
12:00
昼食:訪問先企業の周辺で食べることが多いです。
13:00
企業訪問:商品説明や利用いただいているサービスのサポートをします。
16:00
事務処理:日誌を作成します。
17:30
終礼:法人サービス部にて終礼を行います。
17:45
退社
  • すべて
  • 総合職
  • 地域基幹職・エリア基幹職・一般職
  • 日本郵便
  • ゆうちょ銀行
  • かんぽ生命
  • 若手社員(入社2016年~)
  • 中堅社員(入社~2015年)
  • IT・デジタル
  • 男性
  • 女性
ENTRY
MORE