そばにいるから、できることがある。

社員紹介総合職

黒川 直人
人の心理行動を想像し、新たなプロモーションにチャレンジ

ゆうちょ銀行2015年入社

黒川 直人Naoto Kurokawa

営業推進部

Personal

学生時代~入社まで

学生時代は、いわば“全力青年”。「学生だからこそできることにチャレンジする」をモットーに、様々なことに挑戦しました。ハンドボール、法律の勉強、ゼミ活動、富士山登山、四国のお遍路、さいころを振って出た場所に行く旅行等、勉強も遊びも全力で取り組みました。

また、飲食店や塾講師のアルバイトをしているなかで、小学生から高齢者まで幅広い世代のお客さまに接しました。おかげで、同年代の友人としか話していなかったころに比べると、コミュニケーション力が磨かれたと思います。飲食店のアルバイトでは、商品の質を落とすことなく、いかにして注文を効率良くさばくかを考えながら仕事をしていました。自分なりに道具の配置を変えたり、一緒に働く仲間とルールを決めてみたりと、いろいろトライしてみました。今思うと、準備をすることやチームで取り組むスタイルは、現在の仕事にもつながっているように思います。

総じて、学生時代の経験が、自分自身を見つめ直し、自分の長所や短所、気づいていなかった一面などを改めて知る、よいきっかけだったと思います。

プライベート

仕事のある平日に最大のパフォーマンスを発揮できるよう、休日はしっかりとリフレッシュすることを意識しています。

お風呂と読書が好きなので、自宅近くのスーパー銭湯へ行ったり、カフェで読書をしたりと、元気をチャージするようにしています。また、長期の休みを取得する際には、学生時代の友人や会社の同期と食事に行ったり旅行に行ったりして過ごしています。

このようにプライベートの過ごし方は、まさに“オフ”の極みです。今後は、体型を維持するためにも運動することを取り入れていきたいなと考えています。

人の心理行動を想像し、
新たなプロモーションにチャレンジ

かつて、新規サービスのプロモーション事業に携わっていました 。プロモーションの対象となっているのは、ゆうちょ銀行として力を入れていく方針のサービス。より多くのお客さまに知ってもらうため、既存のやり方にとらわれない方法の検討から始まり、他社のプロモーション方法の研究なども含めて、より効果的なお客さま向けのサービスのリリース、内容を伝えることを一番に想像し、企画を進めました。

その施策の一つとして、ターゲットを、サービスの利用が期待できるもののゆうちょ銀行がアプローチしきれていないファミリー層に据え、大型商業施設でARを活用したスタンプラリーを行うイベントを企画しました。実施に向けては、上司や他部署、取引先の方等、多くの方に協力をいただきました。毎日様々な調整や契約事務等を行い、ようやくイベント当日を迎えることができました。その結果、お客さまから「とても楽しかった」「利用してみます」と温かい言葉をいただけたときは、今までの苦労がすべて報われたような気持ちになれました。
自分の仕事が誰かのためになっていると感じられる瞬間に立ち会えたことで、企画業務の醍醐味に気づくきっかけとなりました。

仕事をする上では、未来について想像できるかどうかが非常に重要になると感じています。些細なことで言えば、お客さまや取引先の方、職場の上司・同僚に対して、「自分のこの言動で、相手はどう思うだろう」「自分の言動はこの先、どういう変化を及ぼすだろう」など、常に相手の立場に立ち、想像し、思いやりを持った行動ができることが大切です。
また、今自分がやっている業務が、全体の施策のなかのどの部分で、どういう作用を与えているのかといった具合に、目的を正しくイメージすることが大切です。そのような考え方や意識を持った方と一緒に働きたいと思っています。

ゆうちょ銀行には、若手だからと萎縮することなく、意見をしっかりと言うことができる環境があります。「自分はこうしたい」など、自分なりの意見を持つことが大切であり、常に創造力が必要であると感じています。

Work

営業推進のバックアップ

現在、ゆうちょ銀行では、「貯蓄から資産形成へ」の流れに貢献するべく、直営店のファイナンシャル・コンサルタント(FC)を中心に様々なコンサルティングを行っています。これは、一人ひとりのお客さまにあった商品をご提案すること等に注力をすることで、お客さまの生活に寄り添った資産形成をサポートしようという考えに基づいた取り組みです。この取り組みを実りあるものにするために、営業推進部では、直営店・エリア本部に対する営業推進や営業支援、営業戦略の立案、営業する社員の人材育成、営業基盤の整備等を行っています。

お客さまに商品・サービスを届けるための戦略を練る

私が担当している業務を一言で説明すると、「お客さまにゆうちょ銀行の商品・サービスをご利用いただくための策を練ること」です。

例えば、店舗の社員がお客さまにアプローチするとき、「どういったツールがあれば、お客さまに興味を持っていただけるだろうか」「どういったツールがあれば、社員が効率・効果的なアプローチができるだろうか」ということを想像し、その営業手法や営業施策の戦略立案、システムや直営店窓口の在り方等の営業基盤の整備を担当しています。

システムの運用や新規施策の企画立案など長期的スパンの業務や、直営店社員からの問い合わせ、社内外の方との打合せ、各種会議準備等、短期的なスパンの業務が同時期に重なってしまうことが多々ありますが、優先順位をつけ、漏れ落ちなく確実に仕事をすることを心がけています。

また、現在、お客さまがご自宅にいながらスマートフォンやパソコンの画面上でゆうちょ銀行社員と対面同様のご相談ができる、「オンライン相談」という新しいサービスの企画に携わっています。様々なことを1から企画でき、自分の意見を取り入れた企画をお客さまに向けに実施しています。会社としても注目されている大きな仕事ですので、大変なことも多くありますが、実施までたどり着いたときの達成感は大きいです。自分自身の成長につながる環境でもあり、やりがいを持って取り組める業務の1つです。

お客さまに「ありがとう」と
言っていただける会社

ゆうちょ銀行は、日本の人口とほぼ同じくらいの数のお客さまが全国各地にいます。そして、そのお客さまと直に接し、ニーズに応じた商品・サービスをご案内することができる拠点が、約24,000か所も存在します。このネットワークを通じて、全国のお客さまのより良い暮らしのための一助になれることや、「ありがとう」と言っていただける最も身近な金融機関であることがゆうちょ銀行の最大の魅力だと感じています。

幸いにも、私は、様々な施策に企画段階から携わることができています。企画を実現するまでには、大変なことや苦労することも多くありますが、実現した企画がお客さまのためになっていることや、直営店で働く社員の助けになれたこと、誰かに感謝してもらえることが、何よりの仕事のモチベーションとなっています。今後も、誰かのためになる仕事をするために、様々な業務に積極的に挑戦していきたいと考えています。

仕事は1人ではなく、社内外の様々な方々と進めています。仕事をスムーズに進めるため、自分の方向性が間違っていないか、折に触れて確認することが重要だと思っています。自分で仕事を抱え込むと、間違った方向に進んでしまうリスクもありますし、それを正しい方向に戻すための時間や人手が無駄になります。最悪なケースでは、施策の実施に間に合わないという結末を迎える可能性もあります。スピード感を持って自分に与えられた業務を行い、一緒に働くメンバーとこまめに進捗状況を共有することで、早い段階で軌道修正ができるように心がけています。

Weekly Schedule

  • AM
    PM
  • メールの確認
    タスクの確認
    会議資料作成
  • 企画立案および
    資料作成
    施策に係る委託先との
    打ち合わせ
  • 各種照会対応
    施策に係る関係部署との
    打ち合わせ
  • 直営店あて文書作成
    担当内打ち合わせ
  • 各種照会対応
    来週にむけた
    タスクの洗い出し
  • 読書・買い物
    銭湯に行く
  • すべて
  • 総合職
  • 地域基幹職・エリア基幹職・一般職
  • 日本郵便
  • ゆうちょ銀行
  • かんぽ生命
  • 若手社員(入社2016年~)
  • 中堅社員(入社~2015年)
  • IT・デジタル
  • 男性
  • 女性
ENTRY
MORE